幸せを建てています。  KONDOグループHPへ  社員のブログ一覧へ  近藤建設へ  近藤リフレサービスへ  近藤不動産へ

10年たったらとりカエル

2017年09月25日 09:30

住宅用火災警報器

ご自宅の火災警報器
取り付けてから何年経ちましたか?

新築住宅での取り付け義務化されたのは
埼玉県は 平成16年6月1日

それ以前に建てられた住宅での設置完了は
埼玉県は 平成20年6月1日
※行田市は平成23年6月1日

義務化された頃
行政や民間でも 住宅用火災警報器の設置を促すPRをしていたので
平成20年前後に ご自宅に設置された方が多いと思います。

住宅用火災警報器は 古くなると精密部品の劣化や
電池切れから 不具合を生じる可能性があり
10年を目安に取替えることが推奨されています。

・・・そうです、そろそろ取替えの時期を迎えているはずです。

設置していても
いざ! という時に作動しなければ意味がありません。
定期的に作動確認をしましょう。

ご不明な点がございましたら
お気軽に 近藤リフレサービスにご相談ください。


<<< 参考 >>>
◆総務省消防庁
http://www.fdma.go.jp/html/life/juukei.html

◆一般社団法人 日本火災報知機工業会
 http://www.torikaeru.info/


↓埼玉のリフォームなら、近藤リフレサービスが安心です↓

s-問合せ画像

   ↑上の画像をクリックして、弊社ホームページのお問い合わせボタンからお問い合わせお願いします↑

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://todayrifure.blog69.fc2.com/tb.php/1453-e24a6fdf
    この記事へのトラックバック

    ☆最近の記事☆